fc2ブログ

あの家に暮らす四人の女

s-IMG_1344.jpg
 もうとっくに寝ないといけない時間帯なんですけど、先程読了いたしました。

 帯に掛かれているコピーの、現代版「細雪」いうのもどうなんだろ?とは思いましたが、都内某所の洋館に住む母子と、ひょんな事から同居している女性2人、そして先々代の時代から離れに住まう老人が繰り広げるペーソス・ギャグとも言える物語でして、三浦氏一流の見事な比喩に思わず「ほほう!」と膝を打つ事しきりの読書となりました。

 物語の「起承転結」の「転」の部分は、思わず「マジ!?」と思ってしまいましたが、血が繋がらない「同居人」たちの、血が繋がった家族以上の「絆」に、本当に心が温まるというか、そんな気持ちの良い思いに包まれながらの読書だったような気がいたします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

まさキン

Author:まさキン
いつまで経ってもおもちゃやホビー系から卒業できないおっさんです。自家用車を子供に取られたため、20年ぶりに小さなバイクに跨る事になりました。

QRコード

QR