FC2ブログ

フォルトゥナの瞳

IMG_2082-s.jpg
 先程読了いたしました。

 死が近付いている人が透けて見えるという「能力」を持ってしまった主人公が、それ故の様々な葛藤に悩み苦しみながらも、精一杯生きていく姿にはピュアな感動を憶えまして、またしても一気読みに近い状態になってしまいました。

 出来る事ならハッピーエンドで終わって欲しいと願っておりましたが、切なくて、悲しくて・・・って、おっとネタバレ(以下自粛)。
スポンサーサイト



アンダルシア

IMG_2081-s.jpg
 先ほど読了いたしました。

 真保裕一氏の「外交官・黒田康作」シリーズの第3作目でして、個人的には「アマルフィ」に次いで2冊目の読了なんです。

 フランスとスペインの国境にある小国・アンドラで起きた殺人事件に端を発して物語は進んでいきますが、スペインとフランスの間の水面下の対立やら、外務省内のゴタゴタやら、主人公の黒田がアンドラ国内で身柄を保護した邦人女性にまつわる様々な謎やらと、様々な枝がぐるぐると絡まり、私の動きの鈍い脳味噌では、状況を整理するのにホントに四苦八苦いたしました(笑)。

 まさか、まさかのラストシーンに、「へぇ~!」と驚きを憶えつつも、この度も楽しませて頂きました♪。

 映画化もされていますが、本編は映像化作品の忠実な小説版では無いという注釈もありましたので、それぞれの良さを楽しむのも、アリかもしれませんね。

近場で砲台巡り

IMG_2028-s.jpg
 日曜日の午前中、ちょいと時間が空きましたので、かねてから行きたかった場所を訪問する事にしました。

 太平洋戦争の戦局も押し迫ってきた1944年。
 倉敷市水島地区に三菱重工業水島航空機製作所が建設され、ほぼ隣接した位置関係で倉敷海軍航空隊が設置されていた時代に、水島地区周辺に海軍の防空施設が設けられておりました。

 その中でも最も重装備だったという玉島砲台跡が、今日の最初の目的地なんです。





IMG_2007-s.jpg
 水玉ブリッジライン・水島大橋を渡ってすぐの、玉島乙島地区にある小高い山・高山の山頂とお伺いしておりましたので、通勤用バイクでトコトコと、山沿いの道を進んでいきますと、金毘羅宮と彫られた古い石灯篭にたどり着きます。
 そこから画像奥に見える道路をさらに進むと・・・。





IMG_2008-s.jpg

IMG_2009-s.jpg
 公会堂の敷地内に、玉島砲台跡の案内看板がありました。





IMG_2010-s.jpg

IMG_2012-s.jpg
 ここにバイクを停めさせていただいて、お墓の脇の道を登って行きます。





IMG_2014-s.jpg

IMG_2015-s.jpg
 荒神社の左脇を通過しまして・・・。






IMG_2017-s.jpg
 こんな感じの道を進んで行きますと・・・。





IMG_2019-s.jpg
 山頂の鉄塔に到着です♪。






IMG_2020-s.jpg

IMG_2021-s.jpg
 この鉄塔の東西に、砲台跡が2か所ありました!。

 東側の砲台は土砂や落ち葉に埋もれておりましたが、西側の砲台は当時の姿を留めた良好な状態です。
 リサイズした画像では分かりにくいですが、砲台の内壁の直径は9mもありまして、予想以上の大きな規模に驚かされました。





IMG_2023-s.jpg
 砲側弾薬庫の様子もはっきりと視認できます。

 底面はコンクリート張りだった筈ですが、戦後に爆破処分された関係でか、深くえぐられているように見えます。





379e306f-s.jpg
 麓の案内看板には、ここに12.7㎝高角砲が配備されていたとの記述がありました。
 当時の12.7㎝砲と言えば、八九式12.7㎝連装高角砲でして、これは旧海軍の殆どの艦艇に搭載されていた最もポピュラーな装備なんですが・・・。






IMG_2005-s.jpg
 しかし帰宅後色々と調べておりますと、実際に配備されていたのは新型の九八式10cm連装高角砲だったようで(正式な文書が残っているそうです)、これは空母大鳳や軽巡大淀、秋月型駆逐艦に搭載されていた長砲身のアレですね・・・。
 




IMG_2027-s.jpg

IMG_2031-s.jpg
 今は木々や竹やぶで覆われておりますが、当時は水島の飛行場や工場が見渡せるロケーションだったんでしょう・・・。

 案内看板によると、電波探信儀(レーダー)まで配備されていたみたいで、海軍の対空用の電探と言えば、八木式アンテナの一三号電探だったのかな?と、思いを馳せてみたりいたします。

 自宅から往復で14㎞ちょっとの近場での事でした。








IMG_2035-s.jpg

IMG_2036-s.jpg
 帰宅後、バイクにカバーを掛けて自宅でくつろいでおりましたが、「そう言えば・・・」という事で、3軒隣に住むじーさん(私の父親とも言うw)を訪ねます。
 
 当時の防空施設は、私の自宅裏の山の上にもあったとお伺いしておりまして、砲台5基と兵舎、探照灯が設置されていたそうなんです。
 で、うちの本家の山に海軍の兵舎が建てられていたという話は子供の頃から何度も聞いておりましたので、「あれ、何処でしたっけ?」とじーさんに尋ねましたら、「今は何も残ってねーけど、久しぶりに行ってみるか!」。

 箆取神社の鳥居をくぐった先の道の傍らに、連島砲台の案内看板が設置されているのですが・・・。






IMG_2037-s.jpg
 なんか、ボロボロになっておりまして、文章も判読が難しくなっちゃってますねぇ・・・(困)。






P1140291-s.jpg
 こんな事もあろうかと、看板が設置された直後の2009年4月に撮影した画像データを残しておいて、本当に良かった・・・(笑)。

 





IMG_2038-s.jpg

IMG_2041-s.jpg
 箆取神社の絵馬堂の脇の道をさらに登っていきます。

 突き当りのT字路を右折し、更に登って行くと・・・。



IMG_2048-s.jpg

IMG_2056-s.jpg
 古い社がありまして、隣接した南側の一角が、うちの本家の山なんです。
 今は竹やぶになっておりますが、当時は平地で畑と田んぼがあったそうで、戦時中は海軍に接収され、ここに兵舎が建てられたのだとか・・・。

 余談ながら、フィギュアスケートの高橋大輔選手や田中刑事選手が少年時代に練習していたスケートリンクがあるヘルスピア倉敷の、ちょうど真裏の位置関係なんです。




IMG_2058-s.jpg
 戦後は兵舎は取り壊されましたが、別棟の風呂場は残されていたそうで、その建屋を利用して農機具をしまったり休憩小屋として使用していたのだとか・・・。
 後年、台風で全壊してしまったそうで、ばーさん(私の母親とも言うw)が嫁いで来た時には跡形も無かったそうなので、随分と昔の話です(笑)。

 




IMG_2060-s.jpg

IMG_2067-s.jpg
 先ほどのT字路まで戻り、今度は左の道を登ってみました。

 近年、老人ホームが建てられましたが、それ以外は私が子供だった頃から変わらない、畑やみかんの果樹園が広がる、のどかな風景なんです。




IMG_2062-s.jpg
 遠く水島のコンビナートが見渡せる、絶好のロケーションでして、確かにここからなら飛来するB-29を迎撃するには、充分な射界が開けていますね・・・。

 砲台はこの辺りの筈ですが、一見してそれらしい遺構は見当たらず・・・。
 で、ダメモトで近くで畑仕事をしている御夫婦に尋ねてみましたら・・・。




IMG_2069-s.jpg

IMG_2068-s.jpg
 「あぁ、それならあそこにあるよ」と、教えてくださいまして、奥様の御案内で行ってみますと、畑の一角に、確かに砲台の名残と思しき丸い地形と、砲側弾薬庫の跡のコンクリート製の遺構が残っておりました。

 「こんだけしか残っとらんから、物足りんじゃろ」とお声を掛けて頂きましたが、いえいえ、これだけ残っていれば、どんな感じの砲台だったか充分に想像できますので・・・と、長年のモヤモヤが解消されて本当に感謝・感謝なんです。





Type_99_88mm_AA-s.jpg
 しかし、新たなモヤモヤも発生しておりまして、倉敷市が設置している案内看板には「8センチ高射砲」という記述があり、高射砲というのは陸軍の呼称なので、連島砲台は陸軍の施設だとずっと思っていたのですが、実際に進駐していたのは海軍なんですよね・・・。

 戦時下の事ですから、陸軍の砲を海軍の将兵が運用するような事もあったのかもしれませんが、陸軍の8センチ高射砲と言えば、八八式88ミリ高射砲(松本零士著・戦場漫画シリーズ「零距離射撃88」に出てきたアレですなw)なんですけど・・・。





kinm02-s.jpg
 連島砲台に配備されていたのは、八八式7センチ半野戦高射砲(後年、四式中戦車の主砲となったアレですなw)という資料が幾つもありまして、実際の所はどうだったんだろう・・・?。

 ま、実生活には何の関係もない蘊蓄のレベルですので、モヤモヤするのも程々に・・・(笑)。






IMG_2077-s.jpg

IMG_2075-s.jpg
 午後からは畑に出まして、カミさんと2人で草取りに精を出しまして、大根、白菜、カリフラワー、ネギ、ほうれん草、水菜と、収穫もいろいろ・・・♪。

福山 盤台寺・阿伏兎観音

IMG_1975-s.jpg
 今日は福山市沼隈町の臨済宗の寺院・盤台寺までドライブしてきました。
 倉敷の自宅から広域農道を経由して県境を越えまして、福山市街某所のジョイフルにて安っすい昼食を摂りw、沼隈半島の南端・阿伏兎岬に到着したのが、13時頃でしたか・・・。




IMG_1966-s.jpg

IMG_1969-s.jpg
 無料駐車場に車を停め、東に200m程歩きますと・・・。




IMG_1970-s.jpg  
 もう1ヵ所無料駐車場がありまして、こっちに停めれば良かったと後悔しても、後の祭りw。




IMG_1972-s.jpg
 対岸の田島との間の阿伏兎ノ瀬戸は、海水も透き通っていまして、とても綺麗な海なんです。





IMG_1973-s.jpg

IMG_1974-s.jpg
 程無く、日本遺産にも指定されている盤台寺に到着です♪。

 参拝料は、大人100円と大変良心的な価格設定でした(感謝)。




IMG_1979-s.jpg

IMG_1981-s.jpg
 広島県の重要文化財に指定されている盤台寺客殿にてお参りさせて頂いた後、その奥に・・・。





IMG_1986-s.jpg

IMG_1990-s.jpg
 国の重要文化財(!)に指定されている観音堂へと登る回廊を歩きます。





IMG_1994-s.jpg

IMG_1992-s.jpg
 こちらの御本尊は、石造りの十一面観音でして、海難除け、安産、子育ての信仰を集めているとの事ですが、周囲の廊下は外側に傾斜していますし、そうでなくても高所恐怖症で高いの怖い私にとっては、こちらの参拝は大変な試練となりました(自爆)。





IMG_1997-s.jpg
 一旦降りまして、朱塗りの観音堂の美しい姿を、1枚パチリ!。






IMG_1977-s.jpg

IMG_2003-s.jpg
 寺務所にて御朱印を頂きまして、帰宅の途に就きました。

今朝の収穫

IMG_1958-s.jpg
 今朝の収穫です。

 年が明けても日の出は遅く、今朝も薄暗い中、出勤前の僅かな時間に畑に出て、大根とカリフラワー、ブロッコリーの脇芽を収穫しました♪。




IMG_1959-s.jpg
 カリフラワーは、今年もほぼハズレ無しで豊作となりました(嬉)。
 画像のスノークラウンはそろそろ終了が近付いてきましたが、オレンジブーケの方は未だ手付かずですので、次回の収穫時はオレンジブーケにしようと思います。

 ブロッコリーは、頂花蕾を収穫した後も、脇芽の発育も順調ですので、こちらも当分自給自足状態・・・♪。





IMG_1960-s.jpg
 大根も、例によって我が家の食べ量を大幅に上回ってしまっておりますが、沢庵になったり切干大根になったり・・・。

 それにしても、大根を植えた筈なのに、何でマンゴラドラが出来ちゃったんだろう・・・?。

プロフィール

まさキン

Author:まさキン
いつまで経ってもおもちゃやホビー系から卒業できないおっさんです。自家用車を子供に取られたため、20年ぶりに小さなバイクに跨る事になりました。

QRコード

QR