FC2ブログ

キャベツと大カブの収穫開始

IMG_1108-s.jpg
 今朝の日の出前の画像なんですけど、朝の冷え込みでキャベツの葉っぱが白く凍っておりまして、冬になったんだなぁ・・・と実感いたします。



IMG_1109-s.jpg

IMG_1110-s.jpg
 今年は絶望的な発芽率で不作を覚悟していたカブも、ボチボチと収穫可能な大きさに育ってくれていましてね・・・。





IMG_1111-s.jpg
 で、今期初の収穫となる大カブとキャベツであります♪。
 9月の植え付けの際はどうなる事かとヒヤヒヤいたしましたが、今年もキャベツは豊作決定ですなw。






IMG_1113-s.jpg
 で、仕事を終えて帰宅しましたら、今夜の夕飯のおかずは畑で採れた野菜たちが並びます♪。

 カブの実とキャベツはポトフ風の野菜スープに、カブの葉っぱはゴマ油で炒め、湯豆腐にトッピングしたネギとコロッケの皿に付け合せたサニーレタスも畑で採れた作物なんですけど、私は食べるだけで、料理は全てカミさんがしてくれている事は、こちらに明記しておかないといけないですね・・・w。
スポンサーサイト



暁傭兵団 11月定例会

IMG_1100-s.jpg
 11月24日は、ホントに久し振りに所属チームの定例会に参加させていただきました。

 この度のフィールドは、岡山県南某所の個人所有の山でして高低差のある変化に富んだフィールドに、幅広い世代のゲーマーが集結!。




IMG_1091-s.jpg
 画像では分かりにくいですが、高低差が大きく、竹やぶあり濃いブッシュありで、なかなかに体力を使いますw。

 こんなシチュエーションで威力を発揮するのは、短くて軽い電動ガンと相場が決まっていますから、当初は私もそうしょうかと思っておりましたが・・・。




IMG_1087-s.jpg
 短くて軽い銃・・・・?。




IMG_1088-s.jpg
 短くて軽い銃・・・・・・・(汗)。




IMG_1089-s.jpg
 短くて軽い銃・・・・・・・・・・・・・(滝汗)。







 って、長くて重いのばっかりじゃねーか!!。






IMG_1103-s.jpg
 久々のサバゲなので無理は禁物とは思いつつも、何だか無性にマシンガナーがやりたくなってしまいましてね・・・(笑)。

 装備もタクティカルベストにMICH2000ヘル着用と重装備気味でしたので、銃と装備の重さで身動きが取れず、ゲーム中は単なる「動く的」状態・・・(恥)。





IMG_1101-s.jpg
 14時に早引けしましたので、合計6ゲーム参加し、そのうち3ゲームはくそ重たいMK.43 mod.0で参戦しまして、お陰で今日は腰痛で悶絶しつつ仕事をしておりました(恥)。

 もうちょっと出席率を上げないといけないなと反省しつつ、参加者の皆さん、大変お疲れ様でした!!。
 へろへろのおっさんですが、また遊んでやって下さい。

ブロッコリー 今期初収穫

IMG_1056-s.jpg
 今日の画像ではありませんが、うちの畑の様子です♪。
 毎朝のアオムシ大虐殺が功を奏しまして、今年のキャベツ・白菜・ブロッコリー・カリフラワーの発育は順調なんです。




IMG_1071-s.jpg
 ブロッコリーの頂花蕾が徐々に大きく育ってくれておりまして、そろそろ収穫できそうな株も出てきましたよ♪。




IMG_1073-s.jpg
 でもって、11月23日の朝、ブロッコリー今期初収穫であります(嬉)。
 頂花蕾の直系が20cm超えまして、同じ大きさの株がもう一つありますので、今年もブロッコリーは豊作確実です。





IMG_1072-s.jpg
 12株植えているキャベツも、そろそろ収穫可能な大きさの物が出てきましたが、我が家の冷蔵庫にはスーパーで買ったキャベツがありますので、収穫はそれを消費してからですかね・・・(笑)。




IMG_1075-s.jpg
 今期は2回種を蒔き直したりと苦戦したほうれん草も、ここに来て漸く発育が軌道に乗りましてね・・・(安堵)。
 当初は間に合わないかと思っておりましたが、この調子ならお正月の雑煮に間に合うかもしれません♪。




IMG_1102-s.jpg
 で、今夜の夕飯のおかずで、今期初のブロッコリーを戴きました(嬉)。
 畑で採れたサニーレタスと水菜も一緒に盛り付けされ、大変美味しゅうございました!!。

2019 秋の遠足 (2日目)

IMG_0834-s.jpg
 2019 秋の遠足の続きです。これで完結します。

 11月17日(日)。
 午前5時に起床しまして、せっかくですから5時から開いている大浴場で朝風呂に入る事にしました。
 こんな朝早くから風呂に入る人なんていないだろうと思いきや、そこそこ利用者の方がおられまして、少し驚きました。

 それはともかく、画像は6時半近くになり周りが明るくなってから、客室の窓から撮影した橋本の町の様子です。
 




IMG_0836-s.jpg
 宿泊料に朝食代も含まれてますので、本当に助かりますね・・・♪。
 バイキング形式ですが、ルートインの朝食はなかなか豪勢ですからお気に入りなんです。

 朝から少々食べ過ぎましたが、
 大変美味しゅうございました!(号泣)。





IMG_0838-s.jpg
 朝食後はそそくさと荷物をまとめまして、午前8時には車に荷物を積み、出発しました。
 この度の旅もまた、豪華なホテル泊ではありませんので、チェックアウトは早目で観光重視なんです。





IMG_0841-s.jpg
 程なく九度山のこちらの駐車場に車を停めます。





IMG_0847-s.jpg
 高野山と共に、ユネスコの世界遺産に登録されている、「紀伊山地の霊場と参詣道」が今日の観光の「テーマ」でして、まずは慈尊院へ・・・。





IMG_0850-s.jpg

IMG_0863-s.jpg
 西暦816年に弘法大師が創建した慈尊院は、後に弘法大師のお母さんが、我が子の開いた山(高野山)を一目見たいという思いでこの地を訪れた際に、女人禁制の高野山へは登れないためにこちらに招き入れたというエピソードがあるのだとか・・・。
 
 所謂女人高野の寺院の一つなんですけど、それ故に乳癌治癒や安産祈願で参拝される方も多いとお伺いいたしました。





IMG_0860-s.jpg

IMG_0907-s.jpg
 本堂にて参拝させていただいた後、御朱印を頂きました。
 ちなみにこちらの本尊の弥勒仏坐像は国宝に指定されています。





IMG_0873-s.jpg

IMG_0880-s.jpg
 続いては、慈尊院の境内に隣接した石段を登りまして、丹生官省符神社(「にうかんしょうぶじんじゃ」って、一発で読めた人、いる?)へと向かいます。
 義父が石段を登るのが大変なのではないかと心配しておりましたが、「大丈夫じゃ」と力強く登っておられたので、本当に安心いたしました。
 とは言え、100段を越える石段を登るのは、足腰に大変な負担だったのではないかとお察しさせていただいております。





IMG_0884-s.jpg

IMG_0906-s.jpg
 拝殿にて参拝させていただき、御朱印も頂きました(感謝)。





IMG_0918-s.jpg

IMG_0917-s.jpg
 くねくねとした山道を暫く進みまして、次の目的地はかつらぎ町の丹生都比売神社(この案内看板読まずに「にうつひめじんじゃ」って一発で読めた人、いる?)なんです。





IMG_0921-s.jpg

IMG_0927-s.jpg

IMG_0966-s.jpg

IMG_0945-s.jpg
 鳥居をくぐり、太鼓橋を渡って境内へと向かいます。

 こちらも紅葉が見頃となっておりまして、神社の柱の朱と、紅葉の朱とのコントラストがまことに美しく・・・(嬉)。
 前日の高野山への参拝とセットで、今年は特に充実した「秋の遠足」となったような気がいたします。






IMG_0972-s.jpg
 こちらでも御朱印をいただきました(感謝)。





IMG_0975-s.jpg

IMG_0976-s1.jpg
 当初の予定では、道の駅・柿の郷くどやまにて柿を購入する手筈でしたが、この度は「大収穫際」の催しをされていてピストンバスが出るくらいの混雑のため断念。
 国道24号線を西に進み、道の駅・紀の川万葉の里で購入することができました(嬉)。
 大きな柿が1ネット500円と安価で、帰宅後食べてみると甘くて大変美味しゅうございました!(失禁)

 去年は義兄のホンダ・フリードに6名乗車+荷物ぎゅうぎゅう詰めのため、柿を買う事が物理的に不可能でしたので、今年は念願果たす事が出来ましたよ♪。









IMG_0984-s.jpg
 いよいよ和歌山県を後にしまして、県道62号線を北上して大阪府へ・・・♪。

 義父が寄ってみたいと言っていた岸和田城は、実は私も訪れたかった場所でして・・・♪。
 小説「村上海賊の娘」にも、泉州豪族・寺田又右衛門と泉州半国触頭で岸和田城主の松浦安太夫という、非常に癖の強い兄弟が登場しますし、泉佐野から貝塚を通過する際も、鈴木孫市を首領とする鉄砲傭兵集団・雑賀党の本拠地が、ここ貝塚だったよなぁ・・・と、件の小説の舞台に想いを馳せ、ハンドルを握りつつ一人で勝手に血沸き肉踊っておりました(笑)。

 程なく岸和田市内に入りまして、岸和田城に隣接した市営駐車場に車を停めました。






IMG_0992-s.jpg

IMG_0989-s.jpg
 ちょうどお昼でしたので、こちらのお好み焼き屋さんに入りました。
 岸和田の「洋食焼き」というのは大阪のお好み焼きとも違う独特の料理でして、かしわと牛脂のミンチを混ぜた「かしみん焼」がお勧めとの事・・・。
 で、義父さんには生ビールも飲んでもらい、かしみん焼を戴きます♪。

 一見、ペラペラな厚みに見えましたが、これが結構なボリュームで、独特の食感で大変美味しゅうございました!!。

 ちなみに、もう1枚焼いてもらってカロリーオーバーになってしまったのは、ここだけの内緒話ですw。





IMG_1031-s.jpg

IMG_1027-s.jpg

IMG_1015-s.jpg

IMG_1017-s.jpg
 岸和田城自体は厳密には岸和田城祉でして、三層の天守閣は昭和29年に建てられた鉄筋コンクリート構造の「お城の形をしたビル」で、元は図書館として建てられた物なのだとか・・・。
 場内の展示は、江戸時代に入ってからの岡部氏に縁の物で、甲冑や書画をしばし見学いたしました。
 
 天守閣に面した庭園「八陣の庭」は国指定の名勝となっており、岡山県出身の重森三玲氏の作との事・・・。
 
 近くの岸和田だんじり会館も見学したかったのですが、あまり詰め込んで義父さんがお疲れ出されてもいけませんので、ここで家路に就く事にいたしました。




IMG_1046-s.jpg

IMG_1047-s.jpg
 阪神高速湾岸線から環状線に入り、高層ビルの谷間を走り抜けますと、田舎者の私たちは思わず「ほおぉ~っ!」と声が出てしまいましてね・・・(笑)。
 子供達が小さかった頃に、東京ディズニーリゾートへ車で2回行った事がありまして、その時は首都高で同じような喚声をあげまして、やはり都会の高速道路は凄いもんだと思うと同時に、カーナビが無いと目的地に着く自信は無いですな・・・(苦笑)。

 中国縦貫の見慣れたまっすぐの道に入ると、帰ってきたんだなっていう気分になりますね(笑)。
 山陽道経由で岡山まで戻り、夕飯を食べてから義父を送り届け、帰宅いたしました。

 「来年の高野山も義父さんと行けたら良いね」とカミさんと話しつつ、今年の「秋の遠足」は終了です。

 (おしまい)

2019 秋の遠足 (初日)

IMG_0693-s.jpg
 GN倶楽部全国ミーティングから帰還して2週間後の土日を使い、今年も我が家の「秋の遠足」に行って来ました♪。
 去年は私と妻と妻の両親、義姉夫婦の6名で行きましたが、今年は私達夫婦と妻のお父さんの3人での「遠足」です。

 11月16日(土)。
 去年より1時間遅れの午前5時に倉敷の自宅を出発し、玉野市の妻の実家にて義父を拾い、瀬戸中央道~山陽道~中国縦貫~近畿道と高速道路をひた走りまして、羽曳野からは下道で高野山に到着したのがお昼前の事でした。
 片道およそ300kmですが、2週間前に小さなバイクで下道のみの430kmを経験したばかりですので、「高野山って、ホントに近いのよね・・・w」。







IMG_0694-s.jpg
 この度は中の橋付近の無料駐車場に車を停めました。
 金剛峯寺を中心として立派な寺院が軒を並べる高野山ですが、駐車場は無料の所が多いので、本当に助かります(感謝)。






IMG_0697-s.jpg

IMG_0699-s.jpg

IMG_0698-s.jpg
 ちょうどお昼時でしたので、お参り前に昼食にしました。
 毎年利用しているこちらのお店で、私はカツ丼にしましたが、確か去年は親子丼と毎年変わり映えしない料理ばっかり食べてます(苦笑)。
 カミさんの注文した山菜蕎麦が美味しそうでしたので、1枚パチリ!。







IMG_0702-s.jpg
 今年は一の橋からの墓所群の見学は省略し、中の橋から奥之院に向かいます。


 




IMG_0703-s.jpg

IMG_0719-s.jpg
 杉の巨木が立ち並ぶ下、豊臣家の墓所等、気になる場所には立ち寄りつつ・・・。
 義父の足腰が弱ってきていますので、無理をせずにゆっくりと参道を歩きました。






IMG_0721-s.jpg
 奥之院の敷地内は撮影禁止の神聖な区域ですので、外から遠目に1枚だけパチリ!。

 こちらのお札を頂くと息子の体調もとても良いので、我が家は毎年この時期に高野山に参拝する事に決めています。







IMG_0724-s.jpg

IMG_0725-s.jpg
 お参りを済ませ、御朱印を頂きますが、昨今の御朱印ブームで長蛇の列が・・・(汗)。
 義父の御朱印帳も預かり、義父さんにはベンチで休んでもらい、根気良く並びます。

 今年も無事に、奥之院の御朱印を頂く事ができましたよ!(嬉)。






IMG_0801-s.jpg
 ここで車に乗って移動しまして、金剛峯寺近くの駐車場に車を移します。
 例年利用している高野山大学の敷地は満車でしたので、100m奥にある高野山小学校の敷地に駐車いたしました。






IMG_0728-s.jpg
 今年は金剛峯寺の本堂はスルーしまして、義父が未だ行った事の無かった壇上伽藍(根本道場 大伽藍)に行く事にしました。






IMG_0734-s.jpg

IMG_0730-s.jpg
 今年は紅葉がちょうど見頃でして、もみじの朱と伽藍に塗られた朱がマッチして、本当に綺麗でした(嬉)。

 去年も同じ時期に高野山に来ていますが、その時は紅葉は終わっていましたので、これは本当に嬉しい「誤算」でしたね・・・(笑)。








IMG_0744-s.jpg

IMG_0749-s.jpg

IMG_0774-s.jpg
 中門~金堂~六角経蔵~山王院~西塔と、ゆっくりと見学し、根本大塔の巨大さにしばし見とれます。
 
 標高1000mの高野山では落雷事故が多く、伽藍の建物も何度も焼失~再建が繰り返されているとの事で、全ての建物が揃っている現在は、歴史的に見ても非常に珍しいのだとか・・・。





IMG_0783-s.jpg

IMG_0784-s.jpg
 御供所にて金堂と根本大塔の御朱印を頂きまして、私達夫婦は2度目、義父は初となる壇上伽藍の参拝と見学は終了です♪。






IMG_0826-s.jpg
 午後4時近くになりましたが、もうひと踏ん張りです(笑)。

 今まで車で傍を通過しただけだった大門付近に義父とカミさんを降ろし、私は少し離れた場所にある駐車場に車を停めました。
 そして大門まで走る!w。






IMG_0804-s.jpg

IMG_0814-s.jpg
 標高1000mの高地に開かれた修験の地の、ここが正面玄関なんですよね・・・。

 日没前の日光が大門を照らし、鮮やかな朱が一層鮮やかに感じられました。







IMG_0810-s.jpg

IMG_0819-s.jpg
 大門をくぐると、高野山の町並みが始まります。
 金剛峯寺以外もこちらは見所が満載ですので、これからも毎年ちょっとずつ、お参りの後に訪れていきたいと思います。

 妻の両親が元気なうちは、また一緒に行けたら良いね♪、と思いましたが、こっちのじーさんばーさん(私の両親とも言うw)と行く高野山というのが、個人的に想像するのがとても難しいのは何故なんだろう・・・?(自爆)。

 いえ、別に人間関係が険悪とか、そういった事では決して無いんですけどね・・・(笑)。

 大門付近から見下ろす雄大な景色をしばし眺め、山を降りました。









IMG_0828-s.jpg
 高野山の北の玄関口の町・橋本市街に入ったのが、確か17時過ぎでしたか・・・。

 今夜のお宿も、毎年利用しているこちらなんです♪。
 安価なビジネスホテルですが、我が家にとってはこれで充分。
 今年は義母がお留守番ですので、シングルとツインを利用させていただきました。






IMG_0829-s.jpg

IMG_0830-s.jpg

IMG_0831-s.jpg
 夕飯も、国道24号線を挟んでお向かいのスシローなのも、例年どおりだったりいたします(笑)。
 決して高級な食材ではありませんが、生ビールで乾杯し、親子3人で戴く夕飯の回転寿司も、なかなか乙な物でしたよ♪。







IMG_0835-s.jpg
 お風呂で今日の汗を洗い流し、義父の部屋に集まって、缶チューハイや缶ビールで軽く酒盛りいたしまして、少し早めに就寝いたしました。
 
 それにしても、安価なビジネス泊とはいえ、2週間前のルンペン旅行とはえらい違いだなぁ・・・(笑)。

 (2日目)に続きます。

プロフィール

まさキン

Author:まさキン
いつまで経ってもおもちゃやホビー系から卒業できないおっさんです。自家用車を子供に取られたため、20年ぶりに小さなバイクに跨る事になりました。

QRコード

QR