FC2ブログ

送迎の一日と秋冬野菜の準備 その2


 ホントは昨日から赤磐市の幡降野営場にてGN倶楽部のキャンプミーティングに参加する予定でしたが、実は10日ほど前に実家のじーさん(私の父親とも言う)が急遽入院する事になってしまいました。

 病状自体は決して深刻なものでは無く、本人はいたって元気ではありましたが、実家のばーさん(私の母親とも言う)が付き添いで毎日病院に行きますので、平日は私の妻が送り迎えをしてくれておりまして、さすがにこの3連休は息子の私が送迎せんといけんじゃろ。という事で、キャンプへの参加は見合わさせて頂きました。

 前回の城崎・気比の浜キャンプ場までは、フライシートの付いていない安っすいテントを持ち込みましたが、8月にバンドックのツーリングテントを新調し、満を持して使用する予定でしたが・・・w。
 また使用するチャンスは、近いうちに必ず訪れますから・・・と、自分を慰めますw。

 で、今朝もばーさんを病院に送った後、秋冬野菜の苗を買いに、総社市某所のいつものお店へ・・・。

 普段は1株38円(しかも税込み)で販売しているお店なんですけど、今日は苗が殆どありませんで、そう言えばこちらのお店は真備町の障害者支援施設の入所者の方がお作りになられた苗を仕入れていると聞いた事がありましたので、西日本豪雨災害の被害の影響は、ここにもあるんだなぁと、実感いたしました。

 国民宿舎が隣接しているサンロード吉備路にて、ブロッコリーと白菜とキャベツ、サニーレタスの苗を購入いたしましたが、今年の苗はあまり良くないなぁ・・・。




 今日はお昼前には帰宅したいと、ばーさん(繰り返しますが、私の母親とも言うw)が申しておりましたので、苗を買った後倉敷に戻り、病院から連れて帰りました。

 で、午後からは畑に出まして、秋冬野菜の植え付けの段取りであります。

 大根を植える予定の畝に石灰や堆肥・肥料を打ち込んで土を作り、種蒔きが出来るように畝を立ててやりました。




 ブロッコリーは連作障害のリスクはありませんので、去年と同じ場所に植える事にいたします。

 ブロッコリーは頂花蕾を収穫した後も、脇芽が次々と出て3月まで収穫が楽しめますので、春野菜の植え付けの邪魔にならない場所に植える段取りなんです。




 今年はコッチの畑に全て植え付ける段取りなので、11月にソラマメの苗を植えるまでの間、ここには葉野菜を植え付けてやろうかと・・・。




 でもって、白菜4株とキャベツ6株、サニーレタス4株、植え付け完了であります♪。




 「今年はそんなに数は要らないよ」とカミさんからクギを刺されておりましたので、今年のブロッコリーは14株だけ植え付けいたしました。

 午後から半日野良仕事をしておりますと、暑さで疲れてしまいました(苦笑)。





 今日は長女が高校時代の友達と小豆島に遊びに行っておりまして、ばーさんの送迎の前に、新岡山港まで送っておりまして、帰りも20時半過ぎのフェリーで帰ってきますので、昼間の農作業でグロッキー状態になりながらも、お父さんは送迎頑張らせて頂きましたw。


秋冬野菜の準備開始


 そういえば7月以降、家庭菜園の話題でブログに記事を書いておりませんでした(汗)。

 とはいえ、プロ農家ではありませんが普通に農作業は毎日継続しておりまして、毎朝の水やりや草取りはいちいちブログに書く程でも無く・・・w。




 今年の夏野菜はソーメン瓜以外は大豊作となりまして、特にキュウリやピーマン、オクラは食べ切れない程の出来となりました(嬉)。

 カボチャも、初夏に大きな実が3個収穫でき、その後は大き目の実が3個と小さいのが3個収穫した後に蔓を片付けました。

 秋茄子の収穫のために残している茄子3株以外は全て片付けが終わりまして、今年も予定どおり、秋冬野菜の準備開始です♪。




 毎朝6時前より畑に出て鍬を振るっておりまして、ざっくりとではありますが、作物を植える段取りを考えつつ、畝を立てていきます。





 6月に植え付けたサツマイモ(鳴門金時)の発育も順調で、その隣の畝に肥料や堆肥を打ち込んで土を作り、妻の実家から頂いた太ネギを植え付けてやりました。

 隣の畝(茄子の手前)も、有機石灰を多めに打ち込み、ほうれん草の種をいつでも蒔ける状態にしておりまして、今後は大根や白菜、ブロッコリーやカリフラワー等、植え付けの段取りが忙しくなりますし、ほうれん草以外の葉野菜の段取りもありますので、暫くは忙しい日が続きます。



秋の軍拡


 子供が大学に進学してからはさすがにペースが激減しておりましたが、今日は久々の我が家の「軍備拡張」です。

 比較的高額な商品は、月々の僅かなお小遣いの中から3000円だけカードの返済に充てて分割で購入しておりまして、前回の返済が9月で終わりましたので、タイミングよく東京マルイの89式小銃(ガスブローバック)を入手する事ができました。




 電動ガンの89式(画像上側)は、10年近く愛用しておりまして、光学機器も実銃用のダットサイト(バリスのXTS-235)を搭載し、陸自装備でサバゲに参加する際のメイン・ウエポンとなっております。
 
 ガスブロの89式も、こうして並べてみると、基本的な部分の質感やディテールの再現は、電ガンとよく似ているように見えますが・・・。




こちらは電動ガンの89式のレシーバーの刻印です。





 でもって、こっちがガスブロの89式。
 「89R」のシンプルな刻印の方が現行生産型で、個体数も圧倒的に多いそうなんです。

 電動ガンのレシーバーはモナカ構造ですが、ガスブロは一体成型となっています。




 ガスブロの方は、フレーム左舷側に、イラク派遣の際に追加されたアンビ・セレクターが標準装備となっています。

 電動ガンの方にも純正オプションパーツでこのセレクターレバーを取り付ける事が出来ますが、私は「イラクには行かないからw」という理由で(?)取り付けておりません(笑)。

 それはともかく、89式のセレクターの操作性の悪さといったら・・・(苦笑)。




 電動ガンのボルトハンドルはこの位置までしか引く事が出来ず、内蔵されたHOP調整ダイヤルにアクセスするだけが目的の物ですが・・・。



 ガスブロの方は、当然フルストローク引き切る事が出来ますし、後方のダストカバーもライブで作動します。

 ボルト先端のロッキングリセスも再現されており、この辺りはモデルガン的にリアルな作動を楽しむ事が出来ますね・・・。




 まだ試射はできておりませんが、東京マルイの製品ですので実射性能は問題無いのではないかと思います。

 数発「空撃ち」してみた所、リコイルは同社のM4 MWSと比べるとマイルドな印象ですが、それでも肩を打つリコイルはガスブロならではの迫力です。

 来月の定例会には、久々に陸自装備で参加してみましょうかね・・・。



とっとりダム巡り(3回目)


 私にしては珍しく、今日の出来事をその日のうちにブログに書いておりますw。

 今日は9月の第1日曜日。
 本来でしたら所属チームの定例会の日ですので、月に1度のサバゲに参加するべきなんですけど、この度はチームメイトのみんなには本当に申し訳無いんだけど、個人的にモチベーションが維持できていないため、不参加とさせていただきました。

 とはいえ、チーム内の人間関係等の軋轢が原因とか、そういった事では決して無く(念のため)、あくまでも私自身の気持ちの問題ですので、来月は宜しくお願いします。m(__)m

 前置き&言い訳が長くなってしまいましたが、今日はサバゲに参加する代わりに、鳥取県東部のダムカード配布対象のダムを巡る事にいたしました♪。





 日の出前の午前4時55分頃に自宅を出発し、岡山バイパス~赤磐経由で国道374号線を北上し、美作から国道53号線を経て奈義から県境を越えて鳥取県へ・・・。

 赤磐市仁堀のドライブイン西の屋・菊ヶ峠店にて最初の小休止をいたしましたが、この時点で未だ午前6時過ぎだったりいたします。





 当然お店は未だ閉まっておりまして、トイレ休憩のみで出発いたしました。





 自動車専用道路の鳥取自動車道と隣接した道の駅・清流茶屋かわはらにて2度目の小休止♪。





 ここは四輪では何度も訪れた事のあるお馴染みの場所ですが、小さなバイクで来るのは初めてでしたので、何だか感慨無料でありました(笑)。





 午前9時過ぎに、最初の目的地・国土交通省直轄の殿ダムに到着いたしました。





 ダム天端は自動車の通行も可能のようで、私は管理所の対岸に着いてしまったので、天端を通過させていただきました(汗)。




 こちらの管理所にバイクを停めさせていただきまして・・・。




殿ダムのダムカード、ゲットであります(嬉)。





 規模の大きなロックフィルダムで、下流側には綺麗な公園やグランドが整備されています。




 下流側の麓に降り、1枚パチリ!。

 今回試験的に動画撮影用の中華製激安アクションカムの静止画モードで撮影してみましたが、う~ん・・・。




 続いて、殿ダムからおよそ10km ちょっとの位置関係の、百谷ダムへ・・・。




 これも激安アクションカムの静止画モードでの撮影です。

 一見大きく見えますが、堤高18m、堤頂長79mの小規模な重力式コンクリートダムでして、ここが何故ダムカード配布対象なの?と思ってしまいましたが、ゲートレスの自由越流式洪水吐は、国内最初の採用なのだとか・・・。




 職員の常駐しないダムですので、ダムを訪れた証拠写真を撮影いたします(笑)。




 かんがいと不特定治水を目的としたダムで、下流側には畑が広がっておりまして、高所恐怖症の私でも、この高さではあまり恐怖を感じる事も無く・・・www。





 鳥取市街を抜け、国道53号線を折り返して河原まで戻り、西に進んで鳥取市佐治町のの佐治川ダムが、この度の最後の目的地・・・。




管理事務所の前にバイクを停めまして・・・。





 ここで百谷ダムと佐治川ダムのダムカード、ゲットです♪。

 非公式の下蚊屋ダムを含めて8箇所配布対象の鳥取県のダムカードですが、これで7種類集める事が出来ました♪。

 残り1枚の倉吉の東郷ダムは、配布場所がダムから離れており(鳥取県中部統合事務所県土整備局)、しかも平日限定なので、また平日の休みの時に「攻略」しようと思います。




 堤高46.5m、堤頂長105mというスペックは、決して大きな規模では無いかと思いますが、それでも堂々たる威容の重力式コンクリートダムでありました。




下流側を見下ろすと、やっぱり高いの恐い・・・w。




 辰巳峠を越えて岡山県に戻りまして、恩原高原を経て国道179号線を南下。
 津山からは国道429号線をひた走り、倉敷の自宅に帰り着いたのは、15時前でしたか・・・。

 標高が下がるにつれて気温も上がり、確実に体力を蝕んでおりまして、帰宅後はグロッキー気味になり、夕方までリビングで扇風機の風に当たりつつ仮眠を取ったりもいたしましてね・・・(苦笑)。

 この度の走行距離は、344.24km。
 GN倶楽部の皆様の中には、日帰りで400km越えのツーリングをこなす猛者の方も何人もおられますが、それに比べれば私のレベルなんて、本当に他愛の無い物・・・。



プロフィール

まさキン

Author:まさキン
いつまで経ってもおもちゃやホビー系から卒業できないおっさんです。自家用車を子供に取られたため、20年ぶりに小さなバイクに跨る事になりました。

QRコード

QR