FC2ブログ

土と生きる


 と、タイトルにテキストを打ち込んだ直後に、思わず吹き出してしまいました(笑)。
 どう考えても、私の書く文章じゃない・・・w。

 それはともかく、「春の遠足」の翌日は、早朝より自宅裏の畑に出まして、気温が上がって巨大化しつつあるサニーレタスを4株収穫した後、畝に堆肥や薫炭を打ち込んで土作りをして、庭で育てていたトウモロコシと蔓なしインゲンの苗の植え付けを行いました。

 朝晩の気温がなかなか上がらず、発芽率がイマイチのトウモロコシなんですけど、それでもおよそ60株苗が出来ました。




 蔓なしインゲンは、比較的順調に苗が出来上がりました。
 一部、ナメクジに双葉を食べられてしまった株がありますが、それでも本葉が出てきておりますので、暫く様子を見る事にいたします。



 自宅裏の畑に、トウモロコシ45株、インゲン20株植え付け完了いたしました♪。




 微妙に余ってしまった苗は、アッチの畑に植えるなりして無駄が生じないようにしたいと思います。
 発芽していないと思っていたトウモロコシの種も、土をばらしてみると発芽しかかっている物もありますので、暫く様子を見ようと思います。

 朝6時半頃から9時半頃までのおよそ3時間の農作業の後、朝食を食べまして、妻と2人でアッチの畑へ・・・w。




 先週初収穫した蔓なしスナップエンドウが、やはり1週間経過すると大量に実が出来ておりまして、今週も鋏を片手に収穫いたします♪。




 今年も大豊作のスナップエンドウです♪。
 まだまだ白い花が咲いておりますので、恐らくあと2回くらいはこの量の収穫が期待できそうです(嬉)。




 ジャガイモの株も順調に育っておりますので、今期も豊作を実感いたします。
 この連休中に、最初の追肥と土寄せを実施いたします。

 グロ画像になること必至ですので撮影は自粛しておりますが、ソラマメに大量に付着したアブラムシを手で大虐殺しまして、殺虫剤を塗布しました。
 なるべく農薬は使いたくないのですが、綺麗事だけでは野菜を作る事は出来ないんですよ・・・(苦笑)。




 12時過ぎまで農作業しまして、その足で総社市某所にあるお店にて、夏野菜の苗を購入しました。

 こちらは野菜の苗が一株40円(税込み)で販売されておりまして、しかも丈夫な苗ですので、毎年購入しているんです♪。
 去年までは税込み38円でしたので、今年は2円値上がりしておりますが、文句を言っちゃ、いけません(笑)。




 キュウリにナス、オクラにズッキーニと、これだけ買って税込みたったの720円♪。

 トマトとピーマンの苗が売り切れでしたので、近くにある農協で購入しましたが、こちらは1株税込み70円と、ちょっと割高w。




 帰宅後昼食を摂り、コーヒーを飲んだ後、「ちょっと出てくるw」と15時頃から気晴らしプチツーw。
 近場を周りまして、およそ1時間半、バイクに乗って遊びます(笑)。

 まだ畑仕事が残っておりますので、16時半に帰宅。




 帰宅後、野良着に着替えて苗の植え付けを行います。

 ズッキーニは3株。




 ナスとトマトは4株ずつ♪。




 ピーマンも4株植えつけます♪。




 オクラとキュウリの苗は、もうちょっと大きくなってからじゃないと、植えてもナメクジの餌食になるだけですので、ポットの状態で育てます。
 夜は玄関に入れて、ナメクジから防御♪。




 コレは私の「管轄外」なのですが(笑)、庭のモッコウバラも満開です♪。




 今夜の夕飯のおかずは、畑で採れたサニーレタスとスナップエンドウのサラダが一品♪。大変美味しゅうございました!!。
 
スポンサーサイト



春の遠足


 職業柄、GWの連休はカレンダーどおりのお休みになりますが、この度の連休初日は、妻の両親と義姉ファミリー合同での日帰りドライブ(通称春の遠足w)に行ってきました。

 去年の「春の遠足」は兵庫県姫路市の書写山圓教寺(西国27番)でしたが、今年は北を目指します。

 倉敷の自宅を出たのが午前5時過ぎ。岡山自動車道・高梁SAにて義姉ファミリーと7時に合流する算段でしたが、現地に到着したのは6時半・・・w。
 早く着き過ぎました(笑)。
 それでも、程なく無事に合流できまして、春の遠足開始です(笑)。



 岡山自動車道~中国縦貫とひた走り、一旦兵庫県に出て佐用JCTから通行料無料の鳥取自動車道へ分岐。
 鳥取ICで下道へ降りれば、鳥取砂丘はすぐそこです♪。

 新しい建物になった砂丘センターの無料駐車場に車を停めます。





 広大な鳥取砂丘を展望台から眺めますが、この度は砂丘には行かず・・・。





 この度の「遠足」の目的地は、ここ♪。




 砂の美術館を訪れるのはこの度で9年ぶり・2回目だったりいたしますが、前回は簡素な白テントの屋根の下の展示でしたが、今は立派な建物になっておりまして、ちょっとびっくりいたしました(笑)。




 この度の展示「砂で世界旅行・アメリカ編」は、10回目のリニューアル。
 製作スタッフの紹介や、過去の展示の紹介のパネルが、エントランスホールに展示されておりました。




 鳥取砂丘の砂を使って製作された、大変緻密かつリアルな描写の作品の数々には、本当に圧倒されます。







 これが砂で作られた彫刻だなんて、本当に驚異の世界です。
 入場料は僅か600円。

 

 たっぷり1時間以上、素晴らしい作品の数々を鑑賞させていただきました。




 砂丘センターにて、お土産の購入&お昼ご飯を戴きました。
 海鮮丼、量も結構ありまして、大変美味しゅうございました!!。




 砂丘を後にしまして、網代漁港近くの遊覧船乗り場へ向かいます。

 当初の予定では、遊覧船に乗って浦富海岸の美しい景観を堪能する筈だったのですが、今日は強風のため遊覧船は運休となっておりました(残念)。
 画像は、敷地内の土産物店前で展示されていたイカの一夜干しです。
 結構なスピードで高速回転しておりましたが、iPhone7のカメラで撮影したら、静止しているように見えますね・・・。






 浦富海岸の美しい景観は、この度は地上から堪能いたしまして、これはこれで充分に楽しむ事が出来ました♪。



 兵庫県との県境付近にてUターンしました。



 鳥取市内まで折り返しまして、「鳥取港海鮮物市場かろいち」に車を停めます。



 日本海の海の幸が安価に販売されておりまして、5尾1串600円で売られているハタハタの一夜干しが、3串1000円だったり、3尾1000円のカレイの一夜干しが6尾1500円にしてくれたりと、更に安価に入手できまして、これは嬉しい悲鳴です(笑)。
 保冷財も付属で、鮮度を損なう事無く持ち帰る事が出来ました(嬉)。




 うちのカミさんが、かねてから鳥取に行ったら是非行きたいと言っていた「すなば珈琲」が敷地内にありまして、これはマジで嬉しい誤算♪。




 念願のすなば珈琲、大変美味しゅうございました!!。




 楽しい時間は本当にアッと言う間。
 国道53号線を南下し、津山市内で夕飯を食べ、院庄ICから中国縦貫に乗り、北房から岡山道に分岐して、高梁SAにて「帰りの会」実施です(笑)。

 ここで妻の両親や義姉ファミリーと別れまして、帰宅いたしました。
 遠足は無事に帰宅するまでが遠足。
 20時半過ぎに帰宅いたしまして、走行距離およそ470kmの「春の遠足」は無事に終了いたしました。

 今日は友達と映画を観にいくため、遠足には不参加だった娘が、食器の洗い物とか済ましてくれておりまして、本当に頼もしく思いました。

まずは、ここ♪


 雨降りの翌日は、早朝よりバイクの掃除♪。
 小さなオートバイなので、そんなに時間が掛からないので本当に助かります(笑)。
 タンクバッグが当たる部分の艶が無くなってきている愛機のガソリンタンクを眺めつつ、「やっぱり塗装が弱いのかな?」。
 ヘッドライトのメッキリング部分に、成型時に発生したと思われるピンホールが幾つか見られたり、新車の時からフレームの溶接部分に錆が浮いている箇所があったりと、完璧な品質を求める人や細かい事が気になる人には向かないバイクなのは、購入前から分かっておりました(笑)。

 それはともかく、GN倶楽部のステッカー、まずは画像の位置に貼付してみました。
 自己主張が強過ぎず、しかし後方からの視認性の良い場所を探した結果なのですが、さてさて・・・(笑)。



倶楽部ステッカー


 A-ONEの手作りステッカーシートを購入してみました。
 インクジェットプリンターでオリジナルのステッカーが作成できるとの事で、さてさて品質の程は・・・?(笑)。



 今年2月に入会させていただいた、GN125系バイクのオーナーズクラブ「GN倶楽部」のステッカーのデータをダウンロードさせていただき、プリントアウトいたします。
 フォトプリント用紙のようなつるつるの質感の用紙でして、大変綺麗に印刷する事が出来ました。
 しかし、このままでは耐水性等皆無の状態なので、付属のクリアーシートを貼付し、密着させます。




 クリアーシートを貼り終えたところです。
 気泡が生じないように慎重に貼っていったつもりでも、一部気泡が入ってしまい、綺麗に仕上げる事の難しさを痛感いたしました。




 カッターナイフやハサミを使ってカットし、ステッカーの完成です。




 バイク本体にも貼付したいと思いますが、ひとまずヘルメットに1枚ペタリ!。
 多少の3次曲面には綺麗になじんでくれますので、貼付は容易でした(安堵)。




 で、一晩明けた今日ですが、岡山県地方は朝から結構な量の雨模様・・・(泣)。

 雨が降ろうが槍が降ろうがバイク通勤ですので、雨合羽を着込んで愛機で職場に向かいますw。
 夕方になっても雨は止まず、帰宅時も雨に濡れてバイクに乗りまして、ヘルメットは当然ながらびしょびしょ状態・・・。

 しかし、ステッカーは雨水で印刷がにじむ事もなく、充分な耐候性が確保出来ている事を確認できました。

 今は家庭の事情や様々な制約がありますので、全国ミーティングや泊りがけのロングツーリングへの参加は難しいですが、いつかは必ず・・・と、密かに野望を抱いているおっさんが、ここに1人・・・(笑)。




野良仕事と午後から堰ツー


 半日だけとか数時間だけとか言いながらも、最近は毎週ツーリングみたいな事ばかりしているおっさんが、ここに一人おります(自爆)。




 今朝は5時半に起床し、6時頃には畑に行きまして、早朝より野良仕事w。
 そろそろ日中は日差しが暑く感じられ始めましたので、比較的涼しい時間帯に草取りをいたしまして、今日もたっぷり3時間、妻と共に畑で汗を流しました。

 画像は蔓なしスナップエンドウの株なんですけど、春の訪れと共に元気に育ってくれました。
 私も平日は普通にサラリーマンしてますので、こちらの畑は週末しか来れないため、なるべく手の掛からない作物を植えておりますが、手を入れなければ入れないなりに、ちゃんと育ってくれる物です。
 人間と一緒で、作物も「過保護」は禁物なのかもしれませんw。




 ちゃんと手入れしてやれば、もっと収穫量が増えるのだろうとは思いつつも、既に食べ頃の実がいっぱい・・・♪。




 今期初収穫のスナップエンドウです♪。
 花も次々と咲いていますので、暫くは収穫が楽しめます(嬉)。

 完全無農薬、肥料も元肥に化成肥料を若干入れておりますが、追肥も含めて油粕メインで育ててますので、甘みが強くとても美味。
 夕飯にサラダで戴きましたが、大変美味しゅうございました!!。




 ソラマメもボチボチと、実が太り始めました。

 こちらも5月末から6月に掛けて、この調子なら無事に収穫できそうです。
 農薬を使っていないためアブラムシがどうしても付きますので、先端の花を間引きながら手で駆除していきます。




 実は先週芽かきを終えていたジャガイモの株も、順調に育ってくれております(安堵)。

 5月に入ったら、最初の追肥と土寄せを実施予定です♪。




 6時からの野良仕事をおよそ3時間、9時半頃に一旦帰宅しまして、遅めの朝食を摂り、その後四輪のオイル交換をして貰うため行きつけのGSに行ったり、家の用事をこなしまして、11時半頃に「ちょっと出てくる」とバイクのエンジンに火を入れます。

 倉敷の自宅から国道2号線バイパスを東にひた走り、およそ1時間で吉井川河川敷に到着!。




 河川事務所の敷地内にバイクを停めさせていただき、1枚パチリ!。




 治水、かんがい、都市用水の供給を目的として建設された坂根堰は、国土交通省の管轄です。
 詳しい案内板がありましたので、じっくりと拝見させていただきました。




 この度のプチツーの目的が、こちらの堰カードだったりいたします♪。

 岡山県下では、岡山県管轄のダムのダムカード14種と、国土交通省管轄の苫田ダムのダムカードと坂根堰の堰カードが配布されています。
 
 担当の職員の方は大変丁寧な応対をして下さいまして、気持ちよく堰カードの配布を受ける事が出来た事を、こちらにも明記させていただきたいと思います。





 これが実物の坂根堰。巨大な水門です。
 ゲートは1門だけ開かれておりました。






 ダムとは一味違った佇まいですが、巨大な建造物には大変な魅力を感じてしまいます。

 堰カードは、広島県の芦田川や兵庫県の加古川でも発行されていますので、折を見て訪問したいと思います。

 帰路は、平島の交差点から一旦赤磐方面に北上し、旭川河川敷経由で岡山市内に入り、新幹線の高架下を通って倉敷市内へ・・・。
 途中でカミさんのご機嫌取りのアイスクリームを購入して、15時前には帰宅しました。
 走行距離は、この度も120km前後でしたか・・・。




 帰宅後は、自宅裏の畑に出てタマネギを収穫。空いた畝を耕して夏野菜を植えるための畝を作り直しました。
 タマネギの跡の畝は根っこがいっぱい残っておりますので、耕しながら取り除きます。
 それなりに手間が掛かりますので、今日は肥料を入れたりといった「土作り」まで出来ませんでした。

 まぁ、こっちは毎朝来れますので、出勤前に鍬を振るい、5月上旬までに土を作っていこうと思います。

プロフィール

まさキン

Author:まさキン
いつまで経ってもおもちゃやホビー系から卒業できないおっさんです。自家用車を子供に取られたため、20年ぶりに小さなバイクに跨る事になりました。

QRコード

QR