FC2ブログ

ワークマンの防水リュック

IMG_2213-s.jpg
 以前から気になっていたのですが、ワークマンで販売されている防水リュックを漸く入手する事が出来ました。

 バイク用品店で販売されている同種の防水リュックは、そこそこ高価な物が多いですが、この商品は容量30Lで、価格は税込み2900円と大変安価なんです。
 しかし先日バイクのインテークマニホールドを交換してお小遣いがすってんてんになってしまっているおっさんは、カミさんにお願いして分割払いで借金w。





IMG_2214-s.jpg

IMG_2215-s.jpg
 付属のタグには、イージスのロゴと共に簡単な説明文がありました。

 「完全防水ではありません」と謙遜されておりますが、恐らく雨天のバイク通勤やツーリングにて「威力」を発揮してくれる物と期待しております。
 防寒着のイージスは防水機能もあり、雨天では雨合羽代わりにもなりますので大変重宝しておりますが、毎日の通勤で背負っているDバックは防水では無いので、激しい雨の通勤では中の弁当箱とかが被害に遭う事が何度かありましたが、この子の導入により、そういったアクシデントは一掃できるでしょう。




IMG_2217-s.jpg
 側面のジッパーを開けてみると、2重構造となっている防水部分が良く分かる構造になっており、確かに理論上は強い雨でも浸水は無さそうですね・・・。





IMG_2216-s.jpg
 背中に当たる部分にはクッションも取り付けられておりまして、ちょっとしたトレッキングから軽めの登山の際のバックパッキングにも充分使える機能を備えているのではないかと思います。

 名の通ったアウトドア・ブランドのこの手の商品はべらぼうに高価ですが、安価ながら代用可能なアイテムのようですね・・・。
 しかしブランド志向の方には不向きだとは思いますw。
スポンサーサイト



日笠ダムと八塔寺川ダム

IMG_2140-s.jpg
 今日は特に予定も入っておらず、カミさんから単独行動の許可も出ましたので(っていうか、邪魔なので出掛けて欲しかったみたいw)、通勤用の小さなバイクで和気・備前方面へ行ってきました。

 朝はゆっくりで、倉敷の自宅を出たのが午前10時過ぎでしたか・・・。
 寒い1日ですので、ライジャケの上からイージスを羽織ろうかと思っていたのですが、着ぶくれて動きにくく、またトイレで用を足す際にも大変な事になりそうでしたので、「最強の防寒着」はお留守番にいたしました。

 これがいけなかった・・・(滝汗)。





IMG_2166-s.jpg
 ワークマンのイージス導入以来、真冬の通勤やツーリングで「寒い」と感じた事はほぼ無かったんですけど、ライジャケと防寒インナー、ネックウォーマー着用でバイクに跨りますと、やっぱり寒いわマジで・・・(涙)。

 それでも日照がある時は寒さも和らいだりもいたしましたが、和気町に入った辺りから小雪が舞い始めましてね・・・(泣)。

 もう良い歳なのに、何でこんな判断ミスしちゃったんだろ、俺・・・?。





IMG_2165-s.jpg
 「寒い寒い」とヘルメットの中で涙目になりつつも、最初の目的地の日笠ダムに近づいてきましたよ♪。





IMG_2142-s.jpg

IMG_2144-s.jpg
 まずは下流側の麓に行ってみました。
 防災と灌漑が目的の重力式コンクリートダムで、ダムカード配布対象のダムではありませんが、以前から訪れたいとずっと思っていたんです。

 ゲートレスの今風のデザインでして、オリフィス式の常用洪水吐からの放流が無いという事は、ダム湖の水位も低めなんでしょうかね?。





IMG_2145-s.jpg

IMG_2146-s.jpg
 続いてダムの天端に上がります。
 天端の通路は自動車の通行が可能な道路になっていました。






IMG_2150-s.jpg

IMG_2164-s.jpg
 上流側を見ますと、やはりダム湖の水位は低めですね・・・。
 自然越流式の非常用洪水吐の下側に、オリフィス式洪水吐の取水口が見えます。




IMG_2152-s.jpg
 堤高39mとこじんまりとした規模ですので、天端から減勢工を見下ろしても、そんなに恐怖感は感じないよね・・・と自らに言い聞かせつつも、縮み上がってしまっているチキンな私・・・w。

 ジェットフローゲートからの放流が見られます。





IMG_2167-s.jpg

IMG_2168-s.jpg
 日笠ダムを後にし、小さなバイクをとことこと南に走らせると、程無く和気神社の駐車場に到着です。

 敷地内にトイレがありますので駆け込みまして、何とか「人間の尊厳」を保つ事に成功しましたが、いやぁ、危なかったぁ・・・(謎)。
 




IMG_2170-s.jpg

IMG_2172-s.jpg
 さらに東へ進み、八塔寺川ダムの管理事務所に到着したのが、確か午後1時前でしたか・・・。

 八塔寺川ダムのダムカードを頂きまして(感謝)、ここのダムカードを頂くのは、これで2枚目なんです。
 前回から2年少々経過しておりますが、ダムカードのバージョンは上がっておりませんでした。





IMG_2176-s.jpg

IMG_2173-s.jpg
 管理事務所の職員の方にお尋ねし、隣接した公園内でガスでお湯を沸かしてカップラーメンを食べるのはOKとの事でしたので、風が強くてとても寒かったですが、ここでラーツーする事にいたします(笑)。





IMG_2174-s.jpg

IMG_2180-s.jpg
 ノーマルのOD缶がパワーソースで、しかもガス少な目だったので、この低温でお湯が沸くかなぁ・・・?と不安を感じておりましたが、風防で囲うとボンベ周辺の気温も上がり、無事に沸騰させる事が出来ました♪。

 木枯らしが吹く中食べた温かいカップラーメンの味は、恐らく一生忘れる事は無いと思います。

 心の底から、

 大変美味しゅうございました!!(号泣)




IMG_2182-s.jpg

IMG_2184-s.jpg

IMG_2189-s.jpg
 カップラーメンを食べ始めた頃から木枯らしが止み、日差しも出て少しだけ暖かくなりました。

 閑谷学校の講堂のイラストが描かれた八塔寺川ダムの表示に郷土愛を感じつつ、ダム天端を歩きました。
 こちらは車両通行止めとなっておりました。





IMG_2187-s.jpg
 天端から減勢工を見下ろします。
 ここも堤高44mと、そんなに背の高いダムでは無いんですけど、それでも高いの怖いよぉ・・・(涙)。





IMG_2196-s.jpg

IMG_2199-s.jpg
 下流側の麓に降りまして、オリフィス式洪水吐からの放流を見つつ、2枚パチリ!。

 帰路も、寒い寒いと涙目になりつつ、16時前に帰宅いたしました。
 本日の走行距離は、172.1km。

インテークマニホールド交換

IMG_2084-s.jpg
 念のため最初に断っておきますが、作業は全てお店にお任せいたしました。
 
 先日オイル交換をしている時に、インテークマニホールドのエンジン側にヒビ割れが発生しているのを発見いたしまして、販売店に相談していたんですけど、「今の所は表面の劣化のみで2次エアーを吸っていないので、暫くは問題ないでしょう」との事でした。

 しかし、僅か3年でこの状態ですし、いずれは劣化が進んで色々と不具合が起こってしまってはアレですので、癌と同じで早期発見・早期治療を行う事にいたしました。

 一見してプラスねじ3本で交換可能と思われましたので、ネットで部品を注文し、自分で交換しようかな、と当初は思っておりましたが、毎日の通勤で使っている「生活必需品」でもありますので、お店で作業をお願いする事にしたんです。





IMG_2088-s.jpg
 工賃もネットで調べた金額よりもやや安価でしたので、販売店の良心的な対応に感謝・感謝なんです。
 
 勿論自分で作業すれば工賃を浮かす事が可能ですが、前述のとおり、愛機本来の主たる使用目的が「通勤」の乗り物ですから、自分の「身の丈」をわきまえて、リスクは最小限に抑える方向性で・・・w。
 しかし、修理代は月々の少ないお小遣いからの出費となりますので、お陰様で財布の中身はすってんてんになってしまいましたよ、ええw。
 次の給料日までは、爪に火を灯す生活を強いられますな(苦笑)。




IMG_2086-s.jpg
 取り外したパーツは、お店の人にお願いして持ち帰る事にいたしました。

 まだまだ使用可能な状態ですので、次回不具合が生じた際の予備パーツとして「備蓄」します。




IMG_2085-s.jpg
 これで不安は一つ取り除かれましたが、そろそろリアタイヤがスリップサインが出そうな感じでして、半年以内には交換時期になりそうな、嫌な予感がしているんです。

新年の集い イン 古法華

IMG_1891-s.jpg
 GN倶楽部関西メンバーのパタ殿下さん主催のキャンプイベントが、1月18日~19日で開催されましたので、通勤用の小さなバイクで参加させて頂きました♪。

 しかしこの寒い中、「ちょっとキャンプに行ってくる」とカミさんに打ち明けましたら、「頭おかしいじゃろw」って言われてしまいましてね・・・(苦笑)。
 18日はカミさんは長女と2人で大阪へライブを見に行き、その晩は岡山まで帰って長女のマンションに泊まる予定でして、私も無事にキャンプへの参加許可が下りましたので、そそくさと荷物をバイクに積み込みまして、いざ出発!!。



 

IMG_1894-s.jpg
 開催地の兵庫県加西市の「古法華自然公園キャンプ場」は、倉敷の自宅からおよそ130㎞の位置関係でして、125ccの小さなバイクで下道をトコトコと走れば、4時間弱で到着いたします。

 13時までには到着出来たら良いな、と思っておりましたので、比較的のんびりと出発いたしまして、国道2号線~岡山ブルーラインを快走し、道の駅・黒井山グリーンパークで最初の小休止を実施しました。
 日差しはありますが気温は低めで、イージス着てても、少しひんやりとする感じでしたね・・・。





IMG_1897-s.jpg
 日生からブルーラインを降り、国道250号線を走りました。

 ブルーラインを降りてすぐのコメリにて薪を一束購入しまして、そうでなくても過積載な愛機のリアシートに、重い薪をさらに積み上げますw。





IMG_1903-s.jpg
 赤穂からは国道2号線に戻りまして、姫路を通過して現地に到着したのが、確か12時過ぎでしたか・・・。

 既にパタ殿下さんが来られておりまして、「お久しぶりです!」と御挨拶をさせていただいた後、そそくさと設営いたします♪。





IMG_1900-s.jpg
 いつものマックスバリューにて、食料品と飲み物を買い出しまして・・・。





IMG_1924-s.jpg
 キャンプ場に帰ってきました♪。

 気温が低く風も強かったですが、そんな悪条件など物ともしない凄腕のキャンパーの皆さんが、あちこちにテントを張り冬キャンプを楽しんでおられました。




IMG_1906-s.jpg

IMG_1908-s.jpg
 皆さん続々と到着されまして、焚火も始まり、

 乾杯~~!!。






IMG_1911-s.jpg

IMG_1915-s.jpg
 バイクもずらりと並びまして、京都から飛び入り参加してくださったひろ★さんも・・・(嬉)。
 折り返しお帰りになられましたが、遠い所大変お疲れさまでした!。
 道中、お気を付けて!!。





IMG_1928-s.jpg

IMG_1926-s.jpg

IMG_1930-s.jpg
 夜の帳もゆっくりと降りてきまして、焚火を囲んでの楽しいひと時は、日常の仕事やら生活やらの色んなしがらみから解放された、本当に至福の時間でした。

 焚火の炎は暖かく、また防寒着も着込んでおりましたので、寒さに凍える事無く過ごせました。





IMG_1937-s.jpg
 11時前にはお開きとなりまして、テントで就寝いたします。

 酔いつぶれて外で寝落ちしたら、恐らく凍死するじゃろうなぁ・・・という気温でしたが、使い捨てカイロをと共にシュラフに包まりますと、寒さを感じる事無く翌朝までぐっすりと眠る事ができました。





IMG_1938-s.jpg

IMG_1942-s.jpg
 真っ暗ですが、ここからは翌朝の画像なんです。

 例によって5時に起床しまして、外に出てみると、辺り一面霜が降りて真っ白(寒)。
 ペットボトルのミネラルウォーターも凍っておりまして、これは確実に氷点下ですなw。

 ガスヒーターで暖を取りつつお湯を沸かしておりますと、程無くお隣のテントのダッシュさんも出て来られまして、2人でまったりと朝御飯を戴きました。
 暖かいコーヒーも御馳走になりまして、本当に感謝です。





IMG_1943-s.jpg

IMG_1944-s.jpg
 徐々に空が白み始め、日の出は7時過ぎでしたか・・・。
 よく晴れてますが、お陰で放射冷却で寒い寒い・・・(笑)。

 夜が明けましたので、そそくさと撤収作業をいたします。




IMG_1946-s.jpg

IMG_1950-s.jpg
 バイクも凍り付いておりまして、出発の際はセルは元気が無いわ、走り出してからもキャブがアイシング起こしてアイドリングしないわで、姫路市街に入る辺りまでは冷や汗物でした(苦笑)。
 その後はエンジンのスローも安定して、普通に快適な帰路だったんですけどね・・・。

 8時半頃にキャンプ場を後にしました。
 主催者のパタ殿下さん、参加者の皆様、この度も大変お世話になり、ありがとうございました!!。




IMG_1951-s.jpg

IMG_1952-s.jpg
 帰路は播磨シーサイドロードを快走いたしました。
 道の駅・みつで小休止しましたが、二輪駐車場はバイクであふれ、大盛況でしたよ!。

 お昼に倉敷の自宅に帰り着き、バイクから荷物を降ろしたら着替えて四輪に乗り換え、岡山市内の長女のマンションへ・・・。
 カミさんのお迎え任務も無事に完了し、楽しい冬の祭りは終了となりました。

オイル交換15回目

IMG_1809-s.jpg
 前回のオイル交換が10月26日で、走行距離が21018㎞でしたので、3カ月弱で1500㎞走った計算になります。
 その間にGN倶楽部全国ミーティングと香川うどんツーを経験しましたが、それ以外は全て通勤での使用になりまして、最近ホントに距離が伸びていないなぁ・・・(苦笑)。





IMG_1801-s.jpg
 この度は画像のエンジンオイル添加剤を使用してみることにいたしました♪。

 愛機EN125-2Aは、通勤を中心として、今後も永く乗っていこうと心に誓っておりますので、少しでもエンジンの耐久性のアップが期待出来たら良いなぁ・・・と思いましてね・・・♪。
 





IMG_1802-s.jpg
 エンジンオイル総量の8~10パーセントを添加するようになっていまして、ENのオイル容量は1.1Lですので、スズキ純正オイル1Lと、この添加剤(100㏄)で、ちょうど既定の量となりました。
 この度はオイルフィルター交換はしていないので、午前中におよそ30分でちゃちゃっと作業完了です♪。




IMG_1804-s.jpg
 年が明けてからは通勤のみの使用でしたので、せっかくですから近場を走ってみる事にいたしました♪。

 オイル添加剤はエンジンの耐久性アップのための物と認識していますので、実際に走ってみて加速が良くなったとか吹け上りが良くなったとか、そんな事は実感できませんでしたが、1月中旬とはいえ、日差しが暖かくて絶好のツーリング日和でしたね!。






IMG_1808-s.jpg
 調子に乗って自撮りしてみたり・・・(自爆)。

プロフィール

まさキン

Author:まさキン
いつまで経ってもおもちゃやホビー系から卒業できないおっさんです。自家用車を子供に取られたため、20年ぶりに小さなバイクに跨る事になりました。

QRコード

QR