fc2ブログ

沈黙のパレード

s-IMG_2793.jpg
 実は昨夜読了していたのですが、うっかり寝落ちしてしまってブログへのアップが遅れ、こんな時間に記事を書いております(汗)。

 前作「禁断の魔術」以来、実に6年ぶりに書き下ろされた「ガリレオ」シリーズ第9作目となります。
 数年ぶりにアメリカより帰宅した湯川学が、複雑に絡み合った事件の「トリック」を暴いていくストーリー展開はいつもの事なのですが、この度もまた、まさかの大どんでん返し!!。

 このシリーズは本当に「ハズレ」はありませんので、どなたにもお勧めの傑作だと思いました。

 9月には実写映画が公開される予定なので、こちらも楽しみにしているんです。
スポンサーサイト



~弐号機~ 平日朝駆け・済渡寺白鳥居と夫婦岩

s-IMG_2743.jpg

 2日遅れでのブログエントリーです。
 
 8月4日(木)。
 4月の人事異動のお陰で平日のお休みが増えてしまいまして(その代わりに土曜日出勤も増えましたw)、一昨日も平日休みでしたので、3密を避けて弐号機で朝駆けしてきました♪。





s-IMG_2707.jpg
 国道180号線を北にひた走りまして、新見市に入ってすぐの山間にあるお寺が、この度の最初の目的地なんです。

 





s-IMG_2726.jpg
 済渡寺の白鳥居は、岡山県では有名な「映え」スポットとお伺いしておりまして、インスタとかにアップしている方も多いそうなので、以前からとても気になっておりました。

 京都の伏見稲荷大社や山口の元乃隅稲成神社は赤鳥居がずらりと並んでいて圧巻ですが、こちらは白鳥居がずらり!。

 まぁ、前述の2か所と比べるまでもなく、規模的にもこじんまりとしておりますので、「なるほど・・・♪」と何だか得心いたしました(笑)。





s-IMG_2732.jpg
 済渡寺(さいどうじ)は禅宗の一派である曹洞宗のお寺なんですけど、弘法大師による創建との事で、女性も入山が許される「女人高野」として子安観音を祀り信仰してきた場所なんだそうです。

 弘法大師は真言宗の開祖なんですけど、曹洞宗のお寺にも関係があるとは、なかなか興味深い物だと思いました。

 




s-IMG_2735.jpg
 一旦南下しまして、かぐら街道に分岐いたします。





s-IMG_2737.jpg

s-IMG_2739.jpg
 こちらの展望スポットにて、備中松山城を臨みます。





s-IMG_2740.jpg
 無料で覗ける双眼鏡がありまして、備中松山城の天守閣と櫓がくっきりと見えまして、内心「おぉ!」と思いましたが、スマホで撮影した画像をリサイズすると、よく分からんなぁ・・・(苦笑)。





s-IMG_2743.jpg

s-IMG_2744.jpg
 霧の海展望の丘の駐車場に弐号機を停めまして・・・、





s-IMG_2745.jpg
 階段を登っていきますと・・・、





s-IMG_2751.jpg

s-IMG_2747.jpg
 吉備の山々を見渡せる、絶景が拡がるんです。

 リサイズした画像ではイマイチ伝わらないかとは思うのですが、この雄大な風景を眺めていますと、日常生活の様々な悩み事とかが、本当に小さな事に思えてきますね・・・。






s-IMG_2754.jpg

s-IMG_2755.jpg
 かぐら街道は信号の無い快走路で、山間の気持ちの良いワインディングロードでもありますので、岡山のバイカーにとっては人気のツーリングコースなんです。
 バイクの交通安全を掲げた手作りのランドマークの側に弐号機を停め、写真撮影いたしました♪。





s-IMG_2756.jpg
 次の目的地は、職場関係の方から教えて貰っていた場所でして、期待に胸を膨らませつつ、駐車場に到着!。






s-IMG_2759.jpg

s-IMG_2758.jpg
 成羽の夫婦岩は、少し前に朝日放送の「探偵ナイトスクープ」でも取り上げられた事があるのだとか・・・。
 案内看板を過ぎ、遊歩道を少し進みますと・・・、







s-IMG_2763.jpg
 おぉ!、見えた見えた・・・!!。





s-IMG_2765.jpg
 急峻な断崖から聳え立つ2本の大岩の姿は本当に荘厳な物で、これは大変迫力ある風景ですね!。





s-IMG_2771.jpg

s-IMG_2779.jpg
 展望台からは、夫婦岩の全景を見る事が出来ました。

 リサイズした画像からは、イマイチ迫力が伝わらないのですが、これは私の撮影技術の稚拙さが原因ですか・・・。

 初めて訪れた場所ですが、いやぁ、これは来て良かった!!。

 ちなみに、ここまでの行程で出会った人は0人でして、バイクでの平日朝駆けでコロナに感染するリスクは、限りなく0に近いのではないかと思います(笑)。





s-IMG_2785.jpg
 美星町まで降りまして、星の郷青空市にて休憩いたしました。





s-IMG_2788.jpg

s1-IMG_2786.jpg
 平日だけあって、こちらも混雑はありませんでしたので、せっかくですからジェラートを食べました♪。

 とても美味しかったのですが、おっさんが一人でジェラート食べてる姿って、傍から見たらどうなんだろうか・・・?。

 11時半頃に帰宅しまして、本日の朝駆けは終了です。
 洗車して綺麗に磨いてやってから、弐号機にカバーを掛けました。





s-IMG_2789.jpg
 午後からはカミさんの実家にお中元を持って行き、畑に植えていたソーメン瓜も収獲しました。

 7月上旬にイノシシの被害に遭いましたが、その後の2度成りで大量に実が育ちまして、この日だけで20個採れました(嬉)。

福山~和霊山~由加山縦走

s-IMG_2638.jpg
 コロナ禍第7波のお陰でまたもや閉塞感を感じつつ生活しておりますが、恐らく感染のリスクは皆無に近い山歩きは、体力と現体重の維持を目的として、毎日続けているんです。

 7月30日(土)。
 普段は自宅裏の大平山に早朝(勤務の状況に応じては、朝夕)登っているんですけど、この日は久しぶりに総社市の福山に登って来ました♪。

 危険な暑さが続く岡山県南ですが、この度は福山山頂への直登コースである1234階段を敢えてチョイス!。
 自らに負荷を掛けて真夏の気温順応と、福山から東に続く倉敷北部縦走コースの和霊山と由加山にも足を延ばしてみました。





s-IMG_2580.jpg
 朝はちょっとだけ寝坊してしまいましたので、畑仕事をしたりテレビを見たりして過ごし、いつもの駐車場に到着したのが、確か午前10時前でしたか・・・。

 人気の里山ですので、駐車場は満車状態でしたが、早朝からのハイキングの方がそろそろ帰宅される時間で、程無く入れ替わりで愛車を停める事が出来ました。





s-IMG_2582.jpg
 ここから北に車道を下りまして、歴史広場登山口から福山にアプローチいたします。





s-IMG_2585.jpg

s-IMG_2588.jpg

s-IMG_2594.jpg
 ここからの山頂への直登コースは、ほぼ一直線の階段になっておりまして、数か所ある登山コースの中で、恐らく最も過酷なコースなのではないかと思います。
 私以外にもここを登るハイカーさんが数名おられましたが、いやぁ、この度はさすがにちょっと息が切れましたよ!(笑)。





s-IMG_2595.jpg
 しかし、直登コースだけありまして、30分少々で頂上広場に到着いたしました。





s-IMG_2600.jpg

s-IMG_2601.jpg

s-IMG_2599.jpg
 標高302mの福山からの眺望は、いつもながら圧巻であります。

 頂上三角点にタッチした後、しばし休憩いたしました。





s-IMG_2591.jpg
 この度の装備です。

 ワークマンのバックパック(40L)は、これまでも下蒜山、後山と1000m超クラスの登山でも使用してきまして、安価ながら充分な機能を有しているため大変重宝しておりますが、デザインはともかく、カラーリングがちょっと地味目なのが玉の傷でしょうか・・・?(失礼)。
 しかし、税込み僅か4900円でこの容量と機能ですから、コストパフォーマンスはとても高い、優れた製品だと思います。



s-IMG_2605.jpg
 しばしの休憩の後、東側の登山道から一旦下山いたします。





s-IMG_2607.jpg
 歩きやすく気持ちの良い木々のトンネルの下を歩きますと・・・、




s-IMG_2612.jpg
 和霊神社に到着いたします。




s-IMG_2613.jpg
 ここから倉敷北部縦走路の登山道が伸びておりますので、更に先に進みますと・・・、





s-IMG_2614.jpg
 程なく和霊山の山頂に到達です。
 残念ながらここは眺望がありませんので、YAMAPのピークハントのスコアをゲットし、次に進みます。





s-IMG_2616.jpg
 竹林を進みまして、ちょっと道が分かり辛かったりもしますが、YAMAPのナビゲーションと、ピンクのリボンに助けられ・・・(感謝)。





s-IMG_2617.jpg

s-IMG_2620.jpg
 由加山への道中で、ケルンもありました。





s-IMG_2623.jpg

s-IMG_2621.jpg
 由加山の山頂も、残念ながら眺望は無し。
 しかし、可愛い山頂の標識とかも設置されておりまして、とても癒されましたよ!。

 ここから山を下って国道429号線を渡り、狸岩山に向かうのが倉敷北部縦走コースなんですけど、この度はここで折り返します。





s-IMG_2633.jpg

s-IMG_2630.jpg
 帰路にちょいと寄り道いたしまして、西坂台の住宅地を一望できる展望台にて、しばし眺望を楽しみます。





s-IMG_2635.jpg

s-IMG_2638.jpg
 再び福山に登り返しまして、ちょうどお昼頃に頂上広場まで戻りました。





s-IMG_2639.jpg

s-IMG_2642.jpg
 ここで大休止♪。

 木陰のベンチは満席でしたが、1カ所空いていましたので、ここでお湯を沸かして昼食タイムです。
 福山山頂からの眺望を眺めつつ食べるハヤシメシは、大変美味しゅうございました!!(失禁)。






s-IMG_2646.jpg

s-IMG_2648.jpg
 下りは、通常の登山道をゆるゆるまったりと降りまして、駐車場近くの登山口に出たのが、13時過ぎでしたか・・・。

 真夏の猛暑日でしたので、それなりに暑く過酷なコンディションながら、木陰のハイキングは過ごしやすくて気持ちよく歩く事が出来ました。

 5.9㎞歩いて、消費カロリーは1445kcalでした。

~初号機~ 庭瀬城址と撫川城址 探訪

s-IMG_2560.jpg
 随分前の話題をブログにアップしております。

 岡山市西部の庭瀬・撫川地区に残る、庭瀬城址と撫川城址、以前から気になっていた場所でしたので、初号機にて訪問いたしました。





s-IMG_2562.jpg

s-IMG_2564.jpg
 JR庭瀬駅の西側の閑静な住宅地の中に、庭瀬城址はありました。
 室町時代に三村氏によって築かれた沼城で、備中兵乱の後は毛利方の城として羽柴秀吉の軍勢を迎え撃ち、江戸時代には一時廃城となりますが、その後も陣屋として、明治維新まで「城」の機能が残されていたそうです。





s-IMG_2566.jpg

s-IMG_2567.jpg

s-IMG_2570.jpg
 羽柴秀吉の水攻めで有名な備中高松城址と同様、標高の低い沼地に築かれた城だったようで、周囲に残る堀からも、何となく当時の様子が想像出来るような気がいたします。






s-IMG_2571.jpg
 続いては、庭瀬城址の西に位置する、撫川城址へ・・・。




s-IMG_2573.jpg

s-IMG_2574.jpg

s-IMG_2576.jpg
 こちらも閑静な住宅地の中に静かに佇んでおりましたが、よく整備された公園として残されておりました。

 庭瀬城、撫川城と、現在は分けて呼称されていますが、案内看板によると、元々は同じ1つの城だったみたいですね・・・。




s-IMG_2577.jpg
 この日は用事の合間に駆け足で訪問いたしましたが、時間があれば、備中高松城祉や蛙ヶ鼻築堤跡等とセットで探訪し、郷土の歴史に思いを馳せてみるのも、またアリかもしれませんね・・・。

~弐号機~ 熊山ピークハントリベンジ

s-IMG_2533.jpg
 実に4日遅れでブログに記事を書いております(恥)。

 7月24日(日)。
 
 午前中だけながら自由時間が出来ましたので、岡山県東備地区最高峰の熊山(標高508m)まで弐号機で行ってきました。

 6月16日に、カミさんと2人で麓から登った熊山なんですけど、その時は頂上三角点が設置された測量上の頂上には行っておらず、ピークハントに失敗しておりました。
 https://masakin1207.blog.fc2.com/blog-entry-793.html

 で、この度は熊山頂上に程近い駐車場までバイクで登っての、ピークハント・リベンジであります(笑)。






s-IMG_2535.jpg
 備前射撃場やアジサイ寺で知られる大瀧山西法院方面からの車道を登りまして、頂上駐車場にてYAMAPを起動したんですけど、熊山遺跡や熊山神社、頂上展望台等の、一般的に頂上と言われている場所とは反対方向だったんですね・・・。






s-IMG_2537.jpg
 もと来た車道をてくてくと折り返し、頂上への分岐の道を登りますと、程無く電波塔が設置されている測量上の頂上に到着いたしました。

 距離にして数百メートルの舗装路を歩いただけですので、ホントにアッと言う間でしたw。





s-IMG_2538.jpg

s-IMG_2539.jpg
 頂上三角点を探しまして、タッチ!!。

 これで正式に熊山の頂上を制覇した事になりますので、何だか感慨無量です(笑)。






s-IMG_2541.jpg
 この日も猛暑日で、下界は茹だるような暑さでしたが、さすがに標高500m。木陰は涼しくて過ごしやすい気温ではありました。

 しかし、熱中症対策で水分補給は忘れずに・・・♪。






s-IMG_2542.jpg
 駐車場まで戻りまして、これでこの度のミッションはクリア出来ました(嬉)。
 この後北側の車道を下って下山しましたが、狭小な道路に落ち葉や小枝がいっぱい落ちていて、しかもあちこちに苔が生えておりましたので、弐号機で来た事を激しく後悔いたしました(苦笑)。

 まぁ、転倒する事無く無事に下山出来ているんですけど、こちらはバイクでの訪問は正直お勧めしかねますね・・・(笑)。





s-IMG_2546.jpg

s-IMG_2547.jpg
 日生から岡山ブルーラインを走りまして、道の駅・一本松展望園にて小休止♪。

 この度もまた、マッシュルームを購入しまして、カミさんへの御機嫌取りのお土産といたしました。

 154km走って、燃費はリッター39.1。

プロフィール

まさキン

Author:まさキン
いつまで経ってもおもちゃやホビー系から卒業できないおっさんです。自家用車を子供に取られたため、20年ぶりに小さなバイクに跨る事になりました。

QRコード

QR